生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

善玉ガードは生理不順やPMS時に飲んでも影響ない?


善玉ガードは生理不順やPMS時に飲んでも影響ない?

善玉ガードは、乳酸菌サプリメントです。

乳酸菌を摂ろうと思う時は、だいたい便秘や下痢などの症状があり、腸の働きを正常に整えたい時だと思うのですが、一時的でなく、毎日続けて摂ることで、腸内環境が良くなっていきます。

毎日続ける中で、女性なら、生理と重なったり、生理前のイライラや倦怠と重なることもあるでしょう。

生理前のイライラや、体の不快感は、PMS(月経前症候群)と呼ばれ、その症状は人によって現れ方が違います。

生理の3~10日前に、気持ちや体の不調が起こり始めて、生理が始まると、症状は次第に消えていくのが特徴です。

多くの女性が、何らかのPMSの症状を抱えていると言われています。

よく見られる症状は、イライラ、怒りっぽくなる、肌荒れ、ニキビ、腰痛、腹痛、だるさ、精神不安定、憂うつなどです。

そんな状態のとき、乳酸菌が、どう影響するのかを調べてみました。

ー乳酸菌の働きー

乳酸菌には、女性ホルモンの分泌を整えてくれる作用があります。

腸内環境を整えることで、女性ホルモンの分泌が正常になるので、生理に良い影響を与えてくれると言われているのです。

腸内環境が良い状態とは、善玉菌と悪玉菌のバランスが良い状態のことです。

善玉菌7割に対し、悪玉菌3割が、正常で、良い腸内環境のときです。

この状態のとき、女性ホルモンの分泌を正常にするだけでなく、免疫力に関係するセロトニンという成分(ハッピーホルモンと呼ばれています)も多く分泌されます。

セロトニンは、幸せを感じる力を高めてくれる成分で、ストレスや、憂うつな気持ちの解消に繋がります。

ストレスや、憂うつな気持ちは、PMSの症状に当てはまりますね。

すなわち、乳酸菌を摂って、腸内環境を良くすることで、PMSの症状を軽減する作用が期待できるということです。

善玉ガードが、生理不順やPMSに影響がないというよりも、むしろ良い影響を与えてくれるのではないでしょうか。

アメリカの研究では、乳酸菌を摂っている人と、そうでない人では、ストレスの感じ方が違うという結果が出ていて、腸内環境が良いと、精神面が安定するという結論に至っています。

腸内の乳酸菌が少ないと、セロトニンの分泌量が少なくなり、女性ホルモンのバランスも乱れてしまうので、生理不順や、肌荒れ、ニキビ、様々なPMSの症状に繋がるのです。

また、乳酸菌が存在するのは腸内だけではなく、膣内にも存在していることがわかっています。

乳酸菌は、膣内に雑菌などが繁殖しないように、清浄する作用があります。

そして、お腹の中で無菌状態で育つ赤ちゃんは、産道(膣)を通るときに、母親の持つ乳酸菌を体内に取り込んで、免疫力や抵抗力をつけて、産まれてくるのです。

女性自身や、赤ちゃんの健康に、直接的な役割を果たす乳酸菌。

なるべく早いうちから良い乳酸菌を、体内で増やしておきたいですね。

効率よく、善玉菌を増やすには、生きた乳酸菌(プロバイオティクス)が良いと言われています。

ヨーグルトから摂るのは難しいですが、善玉ガードなら簡単に摂ることが出来ます。
善玉ガードの口コミ効果!他の乳酸菌サプリと何が違うの?

すでにご存知かとは思いますが、善玉ガードには、生きた乳酸菌(プロバイオティクス)と、生のビフィズス菌(プレバイオティクス)が入っています。

子供でも安心な乳酸菌サプリなので大人も安心して飲めます。

家族で飲むのを推奨されているくらいです。

安心して毎日続けられる善玉ガードで、健康で明るい生活を目指しましょう。

公式サイト↓


us

 

タグ :  

善玉ガード

この記事に関連する記事一覧