生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

子宮筋腫とは?原因と予防や対策のコツ


子宮筋腫とは?原因と予防や対策のコツ

女性の方なら子宮筋腫という病気を聞いたことがあるのではないでしょうか。

子宮筋腫は女性の病気として特に多く見られる病気です。

子宮筋腫はこれを持っている人の中でも、大きなものを持っている人から、米粒以下の小さなものを持っている方もいらっしゃいます。

小さなものである方の殆どが、子宮筋腫に気づくことなく生活しており特に症状も発症しない場合が多いです。

そんな子宮筋腫について原因と、その予防・対策法があるのかご紹介していきます。

—子宮筋腫とは—

そもそも、子宮筋腫という言葉を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女性の子宮内の壁は平滑筋という筋肉でできており、妊娠時に子宮が収縮を行うのもこの筋肉の力です。

この筋肉のそうである部分に腫瘍ができるのが子宮筋腫で、この子宮筋腫は良性の腫瘍です。

女性の場合、ほとんどの方でこの子宮筋腫ができる可能性が高いため、はっきりといった原因は分かっていませんが、生まれつきの体質としてこのような腫瘍ができるともいわれています。

この子宮筋腫のサイズは様々で、米粒ほどの小さなものから様々な症状を起こすサイズのものまであり、ほとんどの場合小さいと気づかないことが多いです。

症状が出る場合は、月経が長引いたり、月経時の出血量が多かったり、月経痛がひどい、貧血気味になりやすいなど様々です。

これらの症状の中でも、月経がかなり長引くなどの症状の場合は子宮筋腫を疑っても良いでしょう。

—子宮筋腫の予防法とは—

子宮筋腫ができた場合取り除くこともできますが、良性の腫瘍のためほとんどの場合取り除かなくても問題はありません。

しかし、月経時の悩みなど症状がひどく出る場合は処置を施すことも可能です。

手術や薬物療法、傷の少ない内視鏡手術など様々な方法で取り除くことができます。

そして、予防法ですが先ほども書いたように生まれつきの体質が原因であると考えられる説があるように、はっきりした原因がわかっていない以上効果的な予防法が確立されていません。

ほとんどの場合症状が出ないくらいの問題ないものなので、そのまま気づかないことが多いでしょう。

もし、気になる場合は普段から月経時などの症状を正確に把握しておき、気になることがあったら病院へ相談してみましょう。

—まとめ—

子宮筋腫は予防法が確立されていませんが、一方で良性腫瘍のため発症してもほとんどの場合問題ありません。

しかし、もし気になる場合は月経時の症状の観察などを行い、気になることがあったら病院へ相談してみましょう。

◆病院に行っても思うように改善しない時や、自分で自宅で子宮筋腫の改善や予防をしたいと思う方は、須藤式2ステップ子宮筋腫改善マニュアルをごらんください。
須藤式2ステップ子宮筋腫改善マニュアルの口コミと効果の感想

須藤式は、生活習慣や食生活から根本的に見直しのポイントをわかりやすくマニュアル化しているじゃらです。

普段の生活を少し改善するだけで子宮筋腫解消につながるシンプルだけど、とっておきのコツが満載の情報だからです。

子宮筋腫が気になる人は、須藤式の公式サイトをチェックしてみてください。
公式サイト→須藤式2ステップ子宮筋腫改善マニュアル

u

 

タグ :  

子宮筋腫改善プログラム

この記事に関連する記事一覧