生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

月経不順!生理がくるようになる食事ってありますか?


月経不順!生理がくるようになる食事ってありますか?

女性にとって、生理(月経)は健康のバロメーターと言えます。

なぜなら、生活が不規則になって大きなストレスを抱えると、必ず生理に影響が表れるからです。

生理周期が不規則になったり、生理が止まってしまったり・・・。

生理が止まってしまったら、大変!というより、楽チン!と思う女性の方が多いかもしれません。

気持ちはわかりますが、生理が止まったまま放っておくと、子宮や卵巣が萎縮してしまい不妊症になる可能性が高くなります。

また、女性ホルモンが減少するので、肌がガサガサになったり、髪がパサパサになったりと、美容の面でも悪影響が出てきます。

一度止まってしまった生理を起こす治療は、根気が必要で、大変です。

生理が規則正しくくることは、女性の美しさと健康に深く繋がっているのです。

ー生理不順を改善するのに必要な栄養素と食材ー

生理不順の原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

生活が不規則になったり、食生活が乱れ、過度のストレスがかかると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

しっかりと必要な栄養素を摂って、ホルモンバランスの乱れを整えてあげることが大切です。

●鉄分・・・ ほうれん草、ひじき、納豆、レバー

なんと言っても鉄分補給です。

鉄分は血になります。

鉄分補給をしたら、生理が再開したという話はよく聞く話ですね。

●イソフラボン・・・大豆、納豆、豆乳、味噌、豆腐、きな粉

女性ホルモン、エストロゲンに似た働きをする成分イソフラボン。

豆乳を飲むことで生理不順が改善したという声もあります。

イソフラボンのサプリメントもありますが、サプリメントで摂取すると吸収が良すぎて過剰摂取になり、出血が増えたり、生理の期間が長くなってしまうデメリットがあります。

できるだけ食品からの摂取を心掛けましょう。

●コレステロール・・・牛肉、魚卵

コレステロールは悪いものというイメージがありますが、摂りすぎると良くないだけで、適量を摂取することは大切です。

コレステロールが少ないと、ホルモンの生成ができなくなるのです。

●ビタミンB6・・・マグロ、カツオ、ささみ、納豆、バナナ

ビタミンB6は、ホルモンバランスを整えて、PMS (月経前症候群)の症状を緩和してくれる働きがあるので、生理不順にも効果的です。

●ビタミンE・・・玄米、ナッツ類、納豆、アボカド、かぼちゃ、ブロッコリー

ビタミンEには、血行を促進させ、ホルモンバランスを整える効果があります。

以上、5つの栄養素を挙げましたが、そのほとんどの栄養素を含む食品が、納豆です。

納豆を1日1パック食べれば、鉄分、イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンEが摂取できるので、オススメです。

また、食材から見ると、和食中心の食事にすることで必要な栄養素を摂取しやすくなります。

生理不順は早く改善した方が良いので、規則正しい生活とバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

◆食事も注意してるけど、毎日は難しいと思うときは、ルナベリーを飲むといいです。

女性ホルモンバランスを整えるサポートをするハーブなどでできているからです。

女性のためのサプリメントといえますね。

口コミもチェックしてみてください。
口コミ→ルナベリーの口コミ!PMSや生理痛改善効果

us

 

タグ :  

ルナベリー(旧ルナリズム)

この記事に関連する記事一覧