生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

生理不順に役立つツボ押しやヨガ


今回は自分で出来る生理不順改善のツボ押しやヨガのポーズを
ご紹介したいと思います。

生理不順もいろいろなタイプがあるのですが、
まずは最も多い瘀血タイプ(代謝の滞り)と
血虚タイプ(貧血、低血圧)の方に
有効な「三陰交」というツボについて解説します。

このツボの位置は、足の内側の
くるぶしの最も出ているところから、
上に指4本分上がったところにあります。

ちょうどすねの後ろにあり、
生理不順の方は押すと痛いのでわかりやすいツボです。

片足を立てて座り、足の反対側の手で、
この場所を親指で丸く円を描くように、
痛いと感じる程度に押しながらマッサージします。

このツボはホルモンバランスを調整しますので、
生理予定日の1週間ほど前からツボ押しすると効果的です。
また冷えやむくみ、不眠にも効果があります。

次に、生殖器の血流をよくする
「血海」というツボを解説しましょう。

こちらは、手のひらで膝頭を覆うようにしたときに
親指が当たる部分で、大腿骨のすぐ内側の
2寸上(3本の指の幅)の場所にあります。

このツボも三陰交と同様に片足を立てた状態で座り、
足と反対側の手のひらで膝頭をおおい、
親指でしっかり力を入れて押します。
3秒押して3秒離すということを繰り返しましょう。
生理不順だけでなく、冷え、腰痛、
イライラ、肩こりなどにも効果があります。

またツボ以外の自分で出来る
生理不順対策にはヨガがあります。
ヨガにはいろいろなポーズがあるので、
今回はごく簡単なものを一つご紹介します。

それは「ネコのポーズ」
まず、両手をつき四つん這いになります。
ゆっくりと息を吐きながらヘソを
覗き込む様な感じで背中を丸めます。
ゆっくり息を吸いながら頭を戻し、
背中をそらせ、天を見上げます。

これを数回繰り返し、今度は手をもう少し前に着きます。
おでこを床につけるように前屈し、
今度は息を吐きながらお尻をゆっくり上げていきます。
これも数回繰り返します。

ヨガは運動不足の解消にもなるので、
普段から行うこともおすすめですよ。

★本格的にPMSの症状が楽になるヨガの方法があります。
DVDなので自宅で見て真似するだけで大丈夫です。
骨盤底筋を鍛えて月経血を自分でコントロールできる方法です。
ヨガなので美肌やダイエット効果も期待できます。
詳しくはこちら公式サイトをどうぞ。
自分で出来るPMS改善法~月経血コントロールヨガ
*全額返金保証付きです。

★なお生理不順の改善にも美肌にもぴったりなサプリは
マカ・プラセンタです。
マカとプラセンタが合体したサプリです。

 

タグ :  

生理不順

この記事に関連する記事一覧