生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

めぐルナとルナベリーの違いを比べてみた!成分から選ぶポイント!

めぐルナとルナベリーの違いを比べてみた!成分から選ぶポイント!

あなたは生理の前に体の変化を感じたりしますか?

精神的に辛くなったりすることはありませんか?

生理の前の時期が辛い、怖いという女の人がたくさんいると思います。

生理の前になると心身の不調により怖かったり辛くなったりするのです。

この時期は、ホルモンのバランスが乱れやすいので、特に理由がないのにイライラしたり不安になりやすかったりするのですね。

他にも風邪をひきやすくなったり、不調になるやすい時期なので、心身共にモヤモヤすることが多くあるのです。

この生理の前の不快感を月経前症候群=PМSと言います。

個人差はあるものの、女の人は誰もが発症する可能性が高いです。

私も、昔は全く感じなくて職場の先輩が辛いという話をよくしていて、私は平気だなあと思っていたのですが、ここ数年はとても辛いです。

しかも私の場合、突然起こるので怖いです。

イライラしたり、腹痛や貧血、頭痛などが私の場合起こります。

イライラするのも、普段から私は割りと短気でイライラしやすいのですが、生理前は更にイライラしやすくなり、イライラの沸点が低くなるようで、ちょっとしたことでイライラしてしまいます。

腹痛や頭痛も我慢できるくらいでしたら、なんとか過ごしますが貧血が本当に突然なので怖いです。

家でならば少し横になれば落ち着きますが、外出先とか自転車に乗っている時とかに、突然フラフラっとすると怖いです。

あぁ、もうすぐ生理が始まるんだなという目安にはなるのですが、毎月ドキッとします。

このPМSを少しでも楽になれる対策はないものかと模索していると、女性ホルモンを整える成分の入っているサプリを知りました。

とても注目されているそうですよ。

その中でも良いと評判なのが「めぐルナ」と「ルナベリー」です。


 

タグ :  

めぐルナ ルナベリー(旧ルナリズム) 違い、比較記事

ハーブらぴと薬の違い

ハーブらぴと薬の違いは?

市販されている一般の鎮痛薬の主な成分は
・アスピリン・アセトアミノフェン
・イブプロフェン・イソプロピルアンチピリン
などで、

アスピリンは解熱、鎮痛、抗炎症成分
ですが、主な副作用として、
胃壁が荒れたり、潰瘍が生じるなどの
胃腸障害があります。

アセトアミノフェンは痛みを鎮める解熱、
鎮痛成分でアスピリンに比べ胃腸障害は
少ないですが吐き気や嘔吐、下痢などや
発疹、かゆみなどの皮膚症状が出る場合が
あります。

イブプロフェンは解熱、鎮痛、抗炎症成分で、
副作用の少ない成分ですが、たまに発疹やかゆみ
などの皮膚症状、頭痛やめまい、ぜんそくを
まねくこともあります。

イソプロピルアンチピリンは解熱・鎮痛成分で、
他の成分と配合して使用すると効果を発揮します。
副作用としては、発疹ができることがあるので
アレルギー体質の方や薬でアレルギーを起こした
ことがある方は注意が必要です。

上記のように市販の鎮痛薬には副作用が出る
成分が含まれています。

多くの方が副作用で悩んでいる姿を
見てきました(私は薬剤師なので)

その点、ハーブらぴは天然のハーブから採れる
鎮痛、鎮静成分でできた健康食品ですから
副作用がないのです。だから安心です。

*ハーブらぴと薬の違い

一番の違いは副作用があるか、ないか
だと思います。化学薬品であるかぎり
副作用の心配は避けられません。

効き目が早いのは?鎮痛薬の方が
早く効きます。飲んでから30分
~1時間で薬は効きます。

ハーブらぴはハーブ独特の特性により
穏かに効きますので効くのに1~1時間半
ほどかかります。

薬は効き目は早いですが常用すると
依存性があり、痛いからと薬に頼っていると
だんだん量が増え、効かなくなってきます。

ハーブらぴならそんな心配はありません。
子供でも安心して飲めます。安心安全なサプリメントです。

ハーブらぴは、販売終了しています。

代わりというか、もっと効果があるのが
飲むハーブ系青汁で、生理痛やPMSの症状を
緩和して冷え性も改善して女性の悩みを解決するのが
こちらです。ハーブティーみたいにして飲んでください。
公式サイト→女性の悩みに ハーブ系青汁のめぐりごごち「楽・月・花」
めぐりごこち 楽・月・火

 

タグ :  

違い、比較記事