生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

子宮筋腫があると豆乳は飲まないほうがいいの?

子宮筋腫があると豆乳は飲まないほうがいいの?

子宮筋腫は、子宮の筋肉で発生する良性の腫瘍の事です。

腫瘍なので、徐々に大きくなります。

閉経後は縮小していきます。

卵巣から分泌される女性ホルモンが深く関係しています。

症状は無症状の場合が多く、検診で初めて発見される事もあります。

生理痛や量が多く、血の塊があるなどの症状も出ます。

貧血や立ちくらみ、動悸、倦怠感も伴うようになり、筋腫が大きくなると、膀胱炎や骨盤内の臓器を圧迫し、下腹部の違和感やトイレが近くなったり、下半身が痛くなる事もあります。

子宮筋腫の原因はまだはっきりと解明されていませんが、成長するのに女性ホルモンが関係しているとの事です。

エストロゲン、プロゲステロンが関係しています。

個人差があるので、治療する場合と経過観察をとる場合もあります。

閉経前までは女性ホルモンを低下させる薬を用いる場合もあります。

さて、本題に移りますが、子宮筋腫があると豆乳は飲まない方がよいのかどうかですが、この噂は数々あります

豆乳は適量であれば、健康や美容に良いと言われています。

豆乳は、大豆からできているので、良質な植物性タンパク質を摂る事ができます。

身体に必要不可欠な必須アミノ酸も豊富に含まれているので、脂肪にもなりにくく、コレステロール、血圧を抑制する事ができます。

女性ホルモンに似た作用があるので、骨粗鬆症、更年期障害、動脈硬化、肩こり、不眠、乳ガンを改善する働きもあるので、閉経後にとても役立ちます。

子宮筋腫や子宮内膜症のある方は豆乳を飲むと症状が悪化してしまう場合があります

婦人系の病気を患っている方は女性ホルモンが影響してしまうので、飲む場合は必ず医師に相談した方が良いです。

豆乳は、大豆イソフラボンが含まれているので、女性ホルモンと同じ働きをしてしまうので、飲むと生理が遅れたり、生理不順になったりする可能性があるとの事です。

また、大量に飲むと体内で女性ホルモンを作る事ができなくなり、飲まないと女性ホルモンが作れなくなってしまう可能性があるのです。

大豆イソフラボンの1日の摂取量は70~75mgで、豆乳であれば、100mlで約20~25mgなのでもし、飲みたい場合は100ml、だいたいコップ1杯を目安に飲むようにしましょう。

心配であれば、飲むのを控えるようにしましょう。

適量を守ればそれほど重大な症状は出にくいと考えられます。

何を食べる、飲むにも適量が大事な事です。

まずは、かかりつけの医師に相談し、判断してもらいましょう。

どうしても豆乳が飲みたいという方は少ないと思うので、他のもので変わるものを飲むようにすると良いと思います。

なお、子宮筋腫の改善になると人気のマニュアル須藤式2ステップ子宮筋腫改善マニュアルもあります。
気になる方は、公式サイトを一度見てみてはいかがでしょうか。
公式サイト→須藤式2ステップ子宮筋腫改善マニュアル

Hs

 

タグ : 

子宮筋腫改善プログラム