生理痛、PMS

生理痛、月経痛、PMS、生理不順が治る方法の口コミ情報

ルーナとルナベリーの違いと選び方

ルーナとルナベリー(旧ルナリズム)の違いと選び方

女性から人気のサプリメント「ルーナ」と「ルナベリー」

この2つのサプリメントは、一体どのように違うのか気になりませんか?
今日は、サプリメントの違いと選び方についてご紹介したいと思います。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム) ルーナ 違い、比較記事

ルナベリーの口コミ!PMSや生理痛改善効果

ルナベリー(旧ルナリズム)の口コミ!PMSや生理痛改善効果についてです。

女性にとって毎月のものとなる生理ですが、この生理前に辛い思いをしていませんか?

生理1週間前くらいからイライラしたり落ち込んだり感情を爆発させてしまったり…。

さらに不安感に苛まれたりカラダの調子が悪くなったりなど、心もカラダも絶不調な期間。

この正体は、排卵から生理前に起こるPMS(月経前症候群)です。

これは、生理前になるとエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが崩れてくることに原因があります。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーで生理不順も改善する?

生理前のモヤモヤ&イライラに良いと口コミで人気のルナベリー(旧ルナリズム)は、生理不順にもおすすめです。

まず、生理不順とはどういうことをいうのかというと、「24日以内に次の生理がくる」あるいは「次の生理までに39日以上あく」というのが基準とされています。

そもそも自分が生理不順なのかどうかというのを、まず、この基準に照らしあわせてみましょう。


 

タグ :  

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーは妊娠中や授乳中は飲めるの?

PMS症状や生理痛の緩和などに良いと人気のルナベリー(旧ルナリズム)ですが、妊娠中や授乳中にも飲めるのでしょうか。

妊娠中や授乳中は、つわりや慣れない育児、睡眠不足で女性ホルモンのバランスが乱れがちなので、イライラしたりだるかったりして、女性向けのサプリに頼りたくなりますよね。

でも、実はルナベリーは、妊娠中や授乳中の服用は控えるようにとなっています。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーは、何才から飲めるの?

毎月の不快な生理前のイライラやモヤモヤ、いわゆるPMS(月経前症候群)の緩和に良いと評判のルナベリー(旧ルナリズム)ですが、何才から飲んでもいいのでしょうか。

昔より生理の開始が早くなってきているので、学校生活に影響がでるほどのPMSなら、なんとかしたいですよね。

そこで、何才から飲めるのか調べてみました。

サプリは、商品によって子供も飲める、大人でないと飲めない……とかいろいろあります。


 

タグ :  

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーの副作用はあるの?注意点は?

毎月の生理前に起こるイライラやモヤモヤした不快な症状、いわゆるPMSを改善してくれるルナベリー(旧ルナリズム)ですが、副作用や注意点はあるのでしょうか。

ルナベリーのようなPMS改善のサプリが出るまでは、PMS症状を緩和しようと思ったら婦人科にいって、ピルなどのホルモン剤を処方してもらうしかありませんでした。

でも、こういった医薬品には、動悸や吐き気、倦怠感、体重の変化など使い続けていると今度はさまざまな副作用に悩まされるようにもなってしまいます。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーは、生理痛も改善する?

ルナベリー(旧ルナリズム)は、生理前の不快な症状におすすめのサプリですが、実は生理前だけじゃなくて、飲み続けていると生理痛の改善にもおすすめなんですよ。

生理痛の改善には、冷えを改善し血の巡りを良くすること、リラックスすることが大切ですよね。

ルナベリーに入っている成分の中にはこういった対策ができる成分がいくつか入っているんです。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーの全成分と特徴

ルナベリー(旧ルナリズム)の全成分と特徴

つらいPMS(月経前症候群)の解消に効果的だと言われているルナリズム。

今日は、ルナベリーの特徴と、全成分について分析していきたいと思います。

まず、ルナベリーの特徴です。


 

タグ :  

ルナベリー(旧ルナリズム)

ルナベリーの通販で安くお得に買う方法

ルナベリー(旧)ルナリズムの通販で安くお得に買う方法

あなたは毎月理由のわからないイライラに苦しめられていませんか?

なんだかイライラする日が多いと感じている方は、まずカレンダーでイライラする日をチェックしてみてください。
そして、もしも排卵後から生理前までの高温期と呼ばれている期間にイライラが強いようならば、それは月経前症候群(PMS)かもしれません。

PMSというのは、些細なきっかけで誰もが陥る状況の症状で、主に女性ホルモンが関連していると言われています。
育児によるストレスや、人間関係での悩みなど、様々な要素が重なりあってPMSはある時突然発症します。

PMSの症状が強く出ると、自分でも抑えられないイライラ感を家族にぶつけてしまったり、いつもなら気にならないような些細なことでも疑心暗鬼に陥ったりして、他人からは人格を疑われてさらに苦しむケースも少なくありません。


 

タグ :   

ルナベリー(旧ルナリズム)